ごあいさつ

独創的な技術で光学材料の新たな価値を創造し光産業の発展に貢献していきます

 当社は人造蛍石の量産を目的として1974年に株式会社オプトロンとして設立されました。その後、光学用蒸着材料分野に進出して、これまで各種蒸着材料や結晶材料およびレンズ加工などお客様のご要望に応える形で幅広い用途の製品やサービスを提供してまいりました。ここまで成長できたのもお客様のご支援の賜物と感謝しております。

 21世紀は光の時代と言われています。映像・通信・太陽光発電など、豊かな社会の発展に光産業が担う役割はますます拡大し、光の世界が私たちの生活をさらに豊かで便利なものにしてくれることが期待されています。同時に光産業を支える光学材料の役割もますます拡大し、多様で高度なニーズに応えることが求められています。私たちキヤノンオプトロンは、光学材料メーカーとしてその一翼を担い自らの成長を目指すとともに、21世紀の光産業の発展に貢献できるよう努力してまいります。

 そのために、当社は光学材料メーカーとして長年にわたって培ったノウハウと独創的な技術をさらに進化させ、キヤノングループの行動指針である三自の精神「自発・自治・自覚」に基づき、既成概念にとらわれず自らが進んで新たな仕事に挑戦する人材と活力溢れる体制作りを目指します。
 またキヤノンオプトロンは、従業員の幸せと次世代の豊かな社会の形成に向けて繁栄し続けることを理念に、企業活動において健康・安全・自然環境に配慮し、地域社会における企業の責任を果していきます。

 これからもお客様のあらゆるニーズと信頼に応えられる様努力をしてまいりますので、皆様方のご支援ご鞭撻を宜しくお願い申し上げます。

代表取締役社長 今井 千尋