共生

キヤノングループの理念である「共生」をもとに、「世界の繁栄と人類の幸福のために貢献していくこと」をめざします。
顧客、地域社会に対してはもちろん、国や地域、地球や自然に対しても良い関係をつくり、社会の期待に応えることに努力をつづけます。

環境保証活動

材料物質を生み出す工場内では、明日の地球を守るために、環境に対して最大限の配慮をしています。社員ひとり一人が日々の省エネ、節水、リサイクル推進を実践しているほか、商品を梱包する際、環境への負荷が多いプラスチック類の使用を極力控え、土壌に還る生分解性の素材を利用するなど、新時代にふさわしい環境対策に積極的に取り組んでいます。

産業廃棄物においては埋立処分を0とすると共に再資源化、有価物化、さらに発生した廃棄物を再加工し原料、梱包材に戻す循環利用を進め、環境負荷の低減に努めております。

今までの歩み

2001年11月 環境保証実行管理委員会発足
2002年05月 ISO14001認証取得
2003年08月 第一種エネルギー管理指定工場
2005年03月 茨城県リサイクル優良事業所認定
2005年08月 ISO14001キヤノングループ統合認証取得

また、「キヤノングループ環境憲章」にもとづき、地域・地球との共生を第一とした企業活動に取り組み、キヤノングループ全体で環境保証活動を推進していきます。

地域・社会活動

地域・社会の皆様に愛される会社づくりをめざし、地域・社会活動を行っています。

地域清掃

定期的な周辺地域清掃を通じて、地域の美化、および地域社会へ貢献しています。

エコキャップ推進運動

ペットボトルキャップを回収し、再資源化させ、その売却益で世界の子供たちにワクチンを届ける運動に参加しています。

使用済古切手の回収

古切手を収集し、NPO法人へ送付することで、ボランティア活動に生かされます。

募金活動

災害が起こった地域支援等のために、随時募金活動を行っています。