内面反射防止塗料 GTシリーズ

内面反射防止塗料とは

ゴーストやフレアを引き起こす乱反射光を防ぎ、光学性能を高めるためには、レンズ表面のコーティング処理に加え、レンズ鏡筒内部の反射光の処理が重要です。反射防止塗料をレンズ嵌合面や斜面に塗布することで、レンズ鏡筒を出入りする反射光を防ぎます。

超微粒子高屈折材料使用のGTシリーズは、ガラスを上回る屈折率で反射を抑えます。

レンズ鏡筒断面イメージ図

特徴

  • 幅広い高屈折率レンズに対応
  • 黒が際立つ外観品位
  • 熱衝撃・高温・高湿などの厳しい環境変化へ対応(GT-2000)
  • 密着性・耐溶剤性・耐超音波性に優れている (GT-2000)

製品ラインアップ

   GT-7Ⅱ GT-2000
屈折率  1.5~1.7 1.6~1.9
密着性
耐溶剤性
耐超音波性
耐熱性
耐候性
対応波長 可視
近赤外 ×

※詳細はパンフレットをご覧ください。



基本性能

内面反射率測定

測定条件
塗布基材 鏡面プリズム
入射角 68°

内面反射防止塗料 GT-2000

用途

パンフレットダウンロード(PDF)