表面反射防止塗料 CS-37

表面反射防止塗料とは

光沢をなくしてマットな状態にする塗料です。 塗ると光の反射を防ぐことができます。 主にカメラレンズの鏡筒の内側などに塗られています。
鏡筒内面に光沢があると、光が反射しカメラに映り込んでしまうため、これを防止するために塗られています。
カメラ以外にも光学用途で使用されています。

レンズ鏡筒断面イメージ図

特徴

  • 作業性に優れた1液性で塗布性が良好(塗料:専用希釈剤=1:1)
  • マットな質感で均一な塗装面
  • 各種プラスチックや金属面に対して密着性良好
  • 紫外~可視~近赤外領域(250~2000nm)まで反射を防止

基本性能

表面反射率測定

測定条件
塗布基材 アルミ板
乾燥 90℃×20分


CS-37 性能紹介


CS-37 スピードメーター塗布例

適用基材

PC PC-G ABS PMMA PS AI SUS GLASS
×
  • 【評価条件】基材に塗布した試料でクロスカット試験を行い判定(旧 JIS K5400)
  • 【混合条件】塗料:専用希釈剤=1:1
  • 【乾燥条件】PC、PC-G、ABS、PS、PMMA:70℃・20分、AI、SUS、GLASS:90℃・20分

用途

パンフレットダウンロード(PDF)