LUMILEAD TNO

LUMILEADとは

「LUMINOUS」と「LEAD」を組み合わせた造語。
光学界をリードする材料として今後の新型蒸着材料につけられるブランドネームです。

特徴

  1. 帯電防止(ゴミ付着防止)機能
  2. 多層膜の一般的な酸化チタン材料をLUMILEAD TNOに替えるだけで帯電防止機能付与可能

SURFCLEAR100/他社比較データ 耐連続磨耗性能
TNOコート有り

SURFCLEAR100/他社比較データ 耐連続磨耗性能
TNOコート無し

基本性能

一般的な酸化チタン材料単層膜とLUMILEAD TNO単層膜の屈折率・吸収係数比較

測定条件
測定装置 分光エリプソメータ  
波長 [nm] 300-800

SURFCLEAR100/他社比較データ 耐連続磨耗性能

波長 [nm] LUMILEAD TNO  一般的な酸化チタン材料
屈折率 消衰係数 屈折率 消衰係数
300 3.35 0.88 3.39 0.94
350 3.10 0.11 3.16 0.12
400 2.74 0.01 2.78 0.01
450 2.61 0.01 2.64 0.00
500 2.54 0.01 2.56 0.00
550 2.50 0.01 2.52 0.00
600 2.46 0.01 2.48 0.00
650 2.44 0.01 2.46 0.00
700 2.43 0.01 2.44 0.00
750 2.41 0.01 2.42 0.00
800 2.40 0.01 2.41 0.00

 

LUMILEAD TNO単層膜のシート抵抗率

シート抵抗率測定条件
測定装置 高抵抗率測定器
測定方法 基板中心部にプローブを押し当ててシート抵抗率を測定
測定結果
シート抵抗率 [Ω/□] 1.7×109

 

ARコートのスチールウール付着比較
(一般的な酸化チタン材料/SiO2多層膜,LUMILEAD TNO/SiO2多層膜)

スチールウール付着試験条件
試験方法 ARコート①(一般的な酸化チタン材料使用),ARコート②(LUMILEAD TNO使用)の基板をコットンで10秒間磨耗後,スチールウールの付着を確認
使用スチールウール #0000
試験結果

SURFCLEAR100/他社比較データ 耐連続磨耗性能

ARコート①
(一般的な酸化チタン材料使用)
静電気によるスチールウールの
付着が多い

SURFCLEAR100/他社比較データ 耐連続磨耗性能

ARコート②
(LUMILEAD TNO使用)
静電気によるスチールウールの
付着なし

ARコートの分光特性(LUMILEAD TNO/SiO2多層膜)

測定条件
測定装置 紫外可視分光光度計
測定方法 入射角8 [deg.]の透過率,反射率測定
測定結果
分光測定 以下のグラフに記載

SURFCLEAR100/他社比較データ 耐連続磨耗性能

用途